薬草

種まき 「ゲンノショウコ」

Rimg0833_1106

種まきをしたのは久しぶり。

蒔いてから1週間くらいで小さな芽が出ました。

ゲンノショウコという薬草です。

日本では民間薬として、昔から信頼されている植物。

元厚生省の薬草の先生から

薬草の種や苗をいっぱいいただいて

そのうちのひとつです。

花はピンクと白色があって、

芽が大きくなって春になったら、白色の花が咲くはず。

 

右下の写真は、苗で育てているピンク色のゲンノショウコの花。

本当はもっと鮮やかなんですけど(写真が下手、笑)。

植物を育てるのは、本当に楽しい。

芽が出ると嬉しい!

緑が濃くなると嬉しい!

花が咲くともっと嬉しい!

心の中がどんなに不安でいっぱいな時でも、

「嬉しい思い」はちゃんと出てくるから

人間の心って強いんだな、と思います。

薬草やハーブ(ミントやローズマリーなど西欧の薬草)は、

育てる喜びだけでなく、お茶にしたり、料理に使ったり

お風呂に入れたりして楽しめるのが、何より嬉しいですよね。

私の心もカラダも、植物も、一緒に元気になっていける薬草たち。

あなたも薬草を植えてみませんか。

 

Rimg0592_1106 ★ゲンノショウコ(フクロソウ科)

効能:下痢止めの特効薬

使い方:煎じて飲む

光:太陽が好き。日当たりのよい場所に

水:土が乾いたらたっぷりと。乾燥しないように注意

心が通い合う育て方:過保護はダメ。

本来、野草なので自由気ままに、

伸びるままにしてあげたほうが元気に育ちます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Books | Message | News | Profile | Works | キャンドル | ケルト | 妖精 | 巨樹 | 心と体 | | 木精 | 植物 | 芸術 | 薬草