ケルト

妖精が小さいとは限らない

ちびちゃんたちは、突然大きくなることがあります。

昨年の秋、急に大人になったのでびっくりしました。

女の子のちびちゃんは、私よりも背が高く、すらりとした腕と脚を持った、とても美しい女の人でした。私のベッドに腰かけて、髪をとかしていました。

ちびくんは前髪が少し額にかかったかっこいい男の人です。ちょっと妻夫木くんに似ています。

もう一人の男の子ちびたんはいつものように寝そべっていましたが、なにしろカラダが大きいので、じゃまになってしまいます。私が座るところを占領しないで!と何度言ったかわかりません。

あの、ちっちゃなちっちゃなちびちゃん、ちびくんたちはもういないのかしら?と思ったら泣けてきました。でも数日経つといつの間にか、大人のちびちゃんたちは元通りの小さな妖精に戻って、私のまわりをちょこちょこ歩き回っていました。

ちびくんは私の背中に登るのが好き、ちびたんは私の肩に座って、一緒に出かけます。

女の子のちびちゃんは部屋でお留守番。今は白い毛糸の帽子、白いふわふわの毛のブーツを履いて、おしゃれを楽しんでいます。一体、どこでそんな素敵な洋服を手に入れるのかしら?といつも不思議に思います。夏の間は、茶色いポッケがついた緑色のノースリーブ・ワンピースを着ていたのですから。

妖精が大きくなったり小さくなったりすることは、結構あることなのだと後で知りました。

アイルランドの詩人、イェイツが『ケルト妖精物語』(井村君江編訳・ちくま文庫)の中で、こんなことを言っています。

「妖精たちを小さいものとばかり思ってはいけない。何をしても気まぐれであるから、背丈すらも気分次第、自分の好きなように背丈や姿を変えるらしい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の神さまの言葉を伝える妖精

今日もわたしの妖精のお話。新しい幸せの風が吹いてきたとき、私が迷っていると、「早く、早くう」と急かして、背中を押してくれるのは決まって、いちばん小さな女の子の妖精です。

彼女の判断は正しいことが多く、私が尻込みして風を逃したりすると、「だから、言ったでしょ」とたしなめられます。叱るだけじゃなくて、ちゃんとなぐさめてくれるのが可愛いところです。

あのとき、こうしていたら・・・と思うのは誰でも経験があると思います。前に進むかとどまるか、そんな決断を迫られたときは決まって、風の神さまが何かの形で知らせくれているはずです。

でも、一度逃した風が再びすぐに、自分のもとへ戻ってくることはなかなかありません。早くて半年後、ときには2年も3年も経って、やっと風が吹いてくることもあります。

だから、風が目の前に吹いてきたときは、すかさず風の流れに乗らなければならないのです。怒涛のごとく、風の神さまからの幸せのヒントが日常を駆け巡るはずですから。

竜巻みたいにくるんと体を囲んで、自分の時空にとどまっているうちに。

Fh010002_2009_3 写真はポプラの葉っぱの赤ちゃんです。古代ケルトの人々は、ポプラを「風の神さまの使者」と呼び、“魂で聴く耳を持つ樹木”として神聖視していました。あらゆる樹木の中で、最も優れた耳を持つ樹木なんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンノキの月

1月は、ケルト3番目の月の始まりです。

守護する樹は、ハンノキ。ケルトでは神秘の樹ですが、日本ではなじみがあまりありませんね。

ヨーロッパの湿原、川のほとりや沼地などによく生育しています。すらりとした、細長く、華奢な幹をしていて、葉は小さくて繊細、さわさわと揺れます。

ハンノキは水を愛する樹です。水の中に立っていても腐りにくく、そのうち石のように硬くなっていくことから、ケルトの人々はゆるぎない土台としての神秘性を感じていました。

16世紀頃、ヴェネチアの町はハンノキの杭の上に建っていたと言われています。Dh000076_2009

ハンノキが秘めているのは“討論”の力です。知的で注意深く、ハンノキを愛する人に予言的な才能を与えます。寡黙はマイナス。議論をすることによって、スピリチュアルな守護を見つけることができると、ハンノキは告げています。

今月は、話すこと、ディスカッションをすることに意識を向けて過ごしてみましょう。思っていることを言葉にしないと、後々まであなたの心を悩ませる危険性があります。

休日は湖の美しい場所へ旅に出かけるのもいいでしょう。

Fh000003_2009ネコの仮面をかぶっている私。数年前、ヴェネチアの仮面カーニバルにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月28日発売 『マリ・クレール』2月号に掲載されました

アシェット婦人画報社『マリ・クレール』2月号のP6667

2009年 ハッピーになれる開運キーワードとは?」

2009年は“樹木の知恵を学ぶ年”です。

この一年は、夢の葉っぱを大きくする年であり、あなたの“人生”という大地にしっかりと根っこを張って、魂の土台を作れれば、不可能と思えた夢も実現するエネルギーとなります。

そこで、身近に取り入れたいのが、2009年の守護樹「ハシバミ」のエネルギー。

古来、金脈や水脈を見つけるため、ダウジングの道具として使われたハシバミの枝。賢者の樹であり、“知恵の実”ヘーゼルナッツをたくさん実らせます。

あなたの魂と肉体に知恵を授けるハシバミを毎日の生活で活用する開運法を紹介しています。

あなたの2009年がハッピーな出来事で彩られますように!

Rimg1398_2009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナナカマドの月

ケルト2番目の月の始まりです。

守護する樹は、ナナカマド。

日本では、「燃えにくく、七度かまどで焼いても焼け残る」ことから、ナナカマドと名づけられました。

バラ科の樹木で、春には白い花を咲かせます。五弁の花びらがまんまるい形になって、手まりのような可愛い形をしています。

秋には珊瑚色の実がなります。落葉したあとも実をつけていることが多く、その姿はまるで“枯れ木に咲いたルビー”のよう・・・・・。

ナナカマドがくれるのは霊感と創造性。詩や音楽、絵などの芸術を生み出す感性をくれるといわれています。

そして、邪悪なものからの保護。誰かに操られたりすることからはもちろん、愛する人が心配のあまり、あなたの冒険を止めるようなことからも守ってくれ、信念を貫けるように導いてくれます。

ナナカマドの月に心したいのは、「あなたの道にやってくるもの、すべてから影響を受ける必要はない」ということ。あなたにとって必要なものを見つけ、取捨選択する判断力と直感を養うレッスンをするひと月にしてください。

2008年もあとすぐ終わりですね。2009年を心穏やかに迎えるためにも、ナナカマドの霊感を味方に。

赤い石の力を身につけましょう。Rimg0890_0812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケルトの新年

111日はケルトの新年の始まり。

だから、ブログ・スタートの日にしました。

この第一の月は白樺の月です。

新しい始まりの時であり、すべてを浄化してくれる時。

日本では、「ああ、もうすぐ今年も終っちゃう~」と

焦ってしまう人も多いと思いますが

ケルトの人々にならって、11月を“浄化の月”にしてみませんか。

新しい願い、新しい未来のために

もう、現在のあなたに必要でなくなったものを手放しましょう。

「私に絶対必要」「私がいなきゃだめなの」「何年も前から当たり前にあるもの」

あなた自身が必要だと思い込んできたもの、

しがみついてきたものはありませんか。そして自分の性格や癖なんかも。

11月、私はいくつかの、白樺からの神託を得る小物を用意します。

たとえば、オフホワイトのショール、白いレースのハンカチ

バーチ(白樺)の精油・・・etc.

白樺に宿る女神が着ているシフォンのドレスをまとうため、

ホワイトの美しい小物や香りを日々取り入れるのです。

白樺林の近くに住んでいる人は、白樺の樹木にもたれてみましょう。

白樺からのインスピレーションは

この1年間で大きく成長したあなたにとって

すでに不必要になった存在を教えてくれます。

このひと月の間に、心身の浄化を終えることができたあなたは

“すべての感覚をコントロールできる力を身につける準備”を整えたことになります。

ここから先のレベルアップとケルトツリーのお話はまた今度・・・。

さあ、あなたの心と肉体に耳を澄ませてみてください。

 

Rimg0819_1104 白樺の女神のレース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Books | Message | News | Profile | Works | キャンドル | ケルト | 妖精 | 巨樹 | 心と体 | | 木精 | 植物 | 芸術 | 薬草