« 冬、樹木は葉っぱのたまごを育てている | トップページ | わたしの妖精 »

ハンノキの月

1月は、ケルト3番目の月の始まりです。

守護する樹は、ハンノキ。ケルトでは神秘の樹ですが、日本ではなじみがあまりありませんね。

ヨーロッパの湿原、川のほとりや沼地などによく生育しています。すらりとした、細長く、華奢な幹をしていて、葉は小さくて繊細、さわさわと揺れます。

ハンノキは水を愛する樹です。水の中に立っていても腐りにくく、そのうち石のように硬くなっていくことから、ケルトの人々はゆるぎない土台としての神秘性を感じていました。

16世紀頃、ヴェネチアの町はハンノキの杭の上に建っていたと言われています。Dh000076_2009

ハンノキが秘めているのは“討論”の力です。知的で注意深く、ハンノキを愛する人に予言的な才能を与えます。寡黙はマイナス。議論をすることによって、スピリチュアルな守護を見つけることができると、ハンノキは告げています。

今月は、話すこと、ディスカッションをすることに意識を向けて過ごしてみましょう。思っていることを言葉にしないと、後々まであなたの心を悩ませる危険性があります。

休日は湖の美しい場所へ旅に出かけるのもいいでしょう。

Fh000003_2009ネコの仮面をかぶっている私。数年前、ヴェネチアの仮面カーニバルにて。

|

« 冬、樹木は葉っぱのたまごを育てている | トップページ | わたしの妖精 »

ケルト」カテゴリの記事

木精」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126084/26903406

この記事へのトラックバック一覧です: ハンノキの月:

« 冬、樹木は葉っぱのたまごを育てている | トップページ | わたしの妖精 »