« 妖精が小さいとは限らない | トップページ | 植物を語ろう2009 »

透明な灯~森のたまごキャンドル~

昨年12月、「2008キャンドルクラフト展」に参加しました。

北海道、富良野に住んでいるキャンドル作家、横島憲夫先生がひと月に一度、東京に出てきて教えてくださるのです。

石膏でたまご型をつくってから、キャンドルに仕上げます。粘土でたまごをつくって、石膏で型をとって・・・と実際にロウを触るまで一年もかかりました。ふーーー。

透明な灯がもれるように、風の線、木々の線、花の線を入れて、たまご型のランタンをつくりました。

火を灯すとだんだん溶けて、隙間から光がゆらゆら。

「透明な灯~森のたまご~」と名づけました。

感じてください。森の緑と風のブルーを基調にした透明な灯の静かな時間を。

トモスキャンドルクラフトのホームページでたくさんの美しいキャンドルがご覧いただけます。

http://www.tomoscandle.co.jp/tomosweb/tomosweb_archive_candlecraftexh.htm

Cc08_07_0063w_s_2

|

« 妖精が小さいとは限らない | トップページ | 植物を語ろう2009 »

News」カテゴリの記事

Works」カテゴリの記事

キャンドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126084/27408168

この記事へのトラックバック一覧です: 透明な灯~森のたまごキャンドル~:

« 妖精が小さいとは限らない | トップページ | 植物を語ろう2009 »