« 2009年が明けました。 | トップページ | ハンノキの月 »

冬、樹木は葉っぱのたまごを育てている

新年の頃の宇宙は、「たまご」を抱えている木たちがいっぱい。

一本の木を見かけたら、枝の先っちょを見てみてください。小さな芽がふくらんで、葉っぱのたまごをあたためています。春になれば、たまごが割れて、淡い緑色の芽の赤ちゃんが顔を出すのです。

写真は広島県大朝町にある樹齢約130年、真冬の天狗シデ。

昨年、書いたメッセージを載せましたので読んでください。

071320091

葉っぱの卵

冷たい冬

樹木はじっと耐えているように見えるけれど

じつは違います。

葉っぱを落として、枝だけのシンプルな姿になって

新しい命を育てているのです。

枝の奥のほうに小さな小さな

人間の目には見えない葉っぱの卵を。

早くに春を迎える樹木は雪の降るなか

新芽の赤ちゃんを枝の先に抱いているものもいます。

幸せな気持ちで出産の準備をしている木々たち。

ぶるぶる震えながら、冬の寒さを我慢していると思うのは

人間の勝手な思い違いです。

大好きなことをしているとき、誰もつらくはありません。

嬉しい気持ちでいっぱいです。

あなたが今、いちばん幸せに思うことは何ですか?

時間が過ぎるのも忘れて、打ちこんでしまう夢の卵。

誰に見られなくても、誰に気づかれなくても

あなたが嬉しいこころで重ねたことは

きっと、きらきらと輝く新芽となって

人生という春にいっせいに芽吹いていくことでしょう。

天狗シデの群生(カバノキ科・イヌシデ)

樹齢約130年、樹高12m・幹周り3m、県指定天然記念物

所在地/広島県山県郡大朝町 行き方/高速バス・大朝インター下車、徒歩20

|

« 2009年が明けました。 | トップページ | ハンノキの月 »

Message」カテゴリの記事

巨樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126084/26866475

この記事へのトラックバック一覧です: 冬、樹木は葉っぱのたまごを育てている:

« 2009年が明けました。 | トップページ | ハンノキの月 »