« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

12月28日発売 『マリ・クレール』2月号に掲載されました

アシェット婦人画報社『マリ・クレール』2月号のP6667

2009年 ハッピーになれる開運キーワードとは?」

2009年は“樹木の知恵を学ぶ年”です。

この一年は、夢の葉っぱを大きくする年であり、あなたの“人生”という大地にしっかりと根っこを張って、魂の土台を作れれば、不可能と思えた夢も実現するエネルギーとなります。

そこで、身近に取り入れたいのが、2009年の守護樹「ハシバミ」のエネルギー。

古来、金脈や水脈を見つけるため、ダウジングの道具として使われたハシバミの枝。賢者の樹であり、“知恵の実”ヘーゼルナッツをたくさん実らせます。

あなたの魂と肉体に知恵を授けるハシバミを毎日の生活で活用する開運法を紹介しています。

あなたの2009年がハッピーな出来事で彩られますように!

Rimg1398_2009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐクリスマス

 Dh000078_0812

数年前、訪れた12月のウィーン。

市庁舎前の広場にクリスマス・リースの屋台がたくさん並んでいました。

そのまわりを囲むように並ぶ木々に灯された明かりの美しかったこと。

赤い玉、黄色い玉、サンタクロースの風船etc.

色とりどりの光が落葉樹に灯って、揺れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙がこぼれそうな日に会いに行くのは

Dh000095_0812

涙がこぼれそうな日、会いに行く樹木があります。

大きな大きなイチョウの樹木です。

写真は少し前、すっかり色づいて、卵の黄身みたいな、あたたかな黄色の葉っぱを揺らしていた頃。

その時はまだ緑色が残っている葉っぱもありました。

太陽の光の子どもがまだ離れたくないと、だだをこねていたのかしら。

いつものように幹に寄りかかると、イチョウは静かに静かに、私の思いを受けとめてくれました。

葉っぱの間からキラキラと黄金色の光が降ってきて、涙のかわりに私の頬を伝っていきました。

ありがとう、ありがとう・・・・・・。イチョウはいつも私の心をなぐさめてくれるのです。

昨日、久しぶりに訪れたら、葉っぱは半分くらい散っていて、足元には黄色のじゅうたんが広がっていました。

ふわふわ、カサカサ、足の裏から伝わってくる音の響きと葉っぱの感触。もうすぐイチョウは冬眠に入るのです。

「また、来るね」 そう、声をかけて、大きなイチョウをあとにしました。

幹を背に、寄りかかって見上げた私のイチョウ。Rimg0965_0812_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

植物の静けさ

植物は人を責めません

あなたが植物と暮らすとき  

植物たちは静かに、静かに

あなたの思いをとめてくれます  

あなたの過ちや失敗を許してくれます

かなしいとき、くやしいとき  

植物に触れてみてください

大きな樹木に寄り添うように・・・・・・

葉っぱを撫でたり  

緑の匂いを嗅いでください

くるしみがスーッと落ち着いていくのを  

あなたは感じることでしょう

植物はあなたの魂を信じ

力強い命のエネルギーを蘇らせてくれるのです

明日もまた  

あなたが微笑むことができるように

 

Rimg0784_0812_3 「光降りそそぐヒマラヤ杉」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡を生み出す力はあなたの中に

Cimg0479_1

 

 

 

私の本を買ってくださったみなさま、ありがとうございます。でも、ひと言だけ言っておかなくてはなりません。

「植物を置くだけで、幸せになれることはありません」

植物とともに生きると、奇跡を生み出す人生が始まります。これは私が確固たる信念で伝えられる真実です。

けれど、“植物さえ置けば幸せになれる” そんな都合のいいことはやっぱりないのです。

植物を育てているときのあなた自身の心の変化が何よりも大切です。あなたが変わらなければ、部屋の中にいくつもの植物を置いても、幸運をつかむ力は作動しません。

これから、あなたの部屋で植物を育てながら幸せになる方法をアドバイスしていきましょう。それは、植物の魂と心を通わせながら、大自然のリズムをあなたの「心と体」にリズミカルに共鳴させる生き方です。

植物と同じように、私たち人間も自然界の生命エネルギーに溢れた存在。

もの静かに見える植物がじつは弱肉強食の世界を生き抜く力を持っていたり、生殖活動が旺盛で子孫をどんどん増やす能力があることなどを見てください。植物の生命エネルギーとあなたの生命エネルギーとを交流させていく生活を、今すぐ始めてほしいのです。

幸運をつかむ力は本来、あなたの内部に潜んでいる力です。

幸せは他者からもたらされるものではありません。あなたの内なる幸運エネルギーを目覚めさせることによって初めて、実現します。

植物という生命体の力を借りて、あなたの「幸運リズム」をつくり出し、それを継続させていく人生をスタートさせましょう。いつの間にか、夢や願望はあなたの人生に事実となって現れるようになっていくはずです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いのちが輝く、動く瞑想

1210日、「スターポエッツ・ゼミナール」を無事に終えることができました。来てくださったみなさん、ありがとうございました。

『幸運を呼ぶ植物との話し方~あなたの人生を導く守護樹をお教えします~』と題して行ったワークショップ。お話した内容を少しご紹介すると、

◎古代ケルトに伝わる『木精占い』から、あなたの守護樹と2009年のアドバイス

◎願いを叶える観葉植物

◎玄関、キッチン、リビングなど、あなたの部屋に幸運を呼びこむ植物の置き方

そして、今回は、“樹木とつながる”ことをカラダで体験していただきました。

◎脳を活性化する火おこし体操

◎心とカラダとを浄化する体操

◎生命エネルギーが満ちてくる葉っぱの手のひら体操

◎あなたの守護樹とつながる動く瞑想

これらはすべて、あなた自身の生命エネルギーを高め、自分自身で理想を現実化する力を得ることができる、“いのちが輝く、動く瞑想”です。

生きている喜びを実感するエクササイズと言ってもいいでしょう。カラダの中から、力がみなぎってきます。2009年のワークショップでもアドバイスしていきますので、ぜひご参加くださいね。

オーラソーマ・ボトルが並ぶ美しい色彩の前でお話させていただきました。今村ひとみさん主宰「スターポエッツギャラリー」http://www.star-poets.com/ にて。

Rimg0905_1216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月1日発売 『グラツィア』1月号に掲載されました

講談社『グラツィア』1月号(P15)

In style「和洋の吉祥樹でつくる お正月のアレンジメント」

お正月の樹木というと、松竹梅など和のおめでたい樹木を想像しますね。でも、西欧にも南の島にも吉祥の樹木は存在するのです。そんな世界の “ご神木”や“聖なる樹”を花材として、話題のフラワーショップのフローリストの方々にアレンジメントをつくっていただきました。新年、玄関やダイニングテーブル、床の間に飾りたいお花のアイデアに。Rimg0901_1204

| | コメント (15) | トラックバック (0)

ナナカマドの月

ケルト2番目の月の始まりです。

守護する樹は、ナナカマド。

日本では、「燃えにくく、七度かまどで焼いても焼け残る」ことから、ナナカマドと名づけられました。

バラ科の樹木で、春には白い花を咲かせます。五弁の花びらがまんまるい形になって、手まりのような可愛い形をしています。

秋には珊瑚色の実がなります。落葉したあとも実をつけていることが多く、その姿はまるで“枯れ木に咲いたルビー”のよう・・・・・。

ナナカマドがくれるのは霊感と創造性。詩や音楽、絵などの芸術を生み出す感性をくれるといわれています。

そして、邪悪なものからの保護。誰かに操られたりすることからはもちろん、愛する人が心配のあまり、あなたの冒険を止めるようなことからも守ってくれ、信念を貫けるように導いてくれます。

ナナカマドの月に心したいのは、「あなたの道にやってくるもの、すべてから影響を受ける必要はない」ということ。あなたにとって必要なものを見つけ、取捨選択する判断力と直感を養うレッスンをするひと月にしてください。

2008年もあとすぐ終わりですね。2009年を心穏やかに迎えるためにも、ナナカマドの霊感を味方に。

赤い石の力を身につけましょう。Rimg0890_0812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »