« 法隆寺のクスノキは両性具有 | トップページ | セミナー『幸運を呼ぶ植物との話し方』のお知らせ »

ポロンポロンの小さな芽

Rimg0863_1022

ポロン、ポロン。手のひらに転がり落ちた小さな葉っぱ(原寸大)。

フローリストの大野美香さんから、クローンコエの芽をたくさんいただきました。

今度、12月10日にセミナーをさせていただくことになった、今村ひとみさん主宰「スター・ポエッツ・ギャラリー」の観葉植物のお世話をしているのが大野さん。

その日は彫刻家、薬師寺和彦さんの個展が行われていて、空間デザインをなさっていました。

“水の祈り”というタイトルの、水の記憶を彫刻したシルバー・ジュエリーを彩っていたのは、

森の中から「ちょっと借りてきました」みたいな苔のアレンジ、野原に生えていたようなアザミや木賊。

自然の一片がギャラリーの時空にふと訪れたような素敵な空間でした。

その帰り、階段を降りる途中の鉢植えに、子供の芽がいっぱいついたクローンコエを発見したのです。クローンコエは葉っぱのフチから芽が次々出て、葉っぱが芽だらけのお化けみたいになる、不思議な多肉植物。

ベンケイソウ科のマザーリーフ(セイロンベンケイソウ)の仲間です。

いただいた小さな芽も葉っぱのフチにビッシリついていました。このギャラリーでは多肉植物がものすごく元気。

聞くと、手のひらにのるくらいの小さな鉢植えも、半年で3倍くらいに大きくなるのだとか! 

どこからか、多肉植物の魂をかき立てる、よい風が吹いてくるのでしょう。

その日、あんまり元気に芽が出てるので、じーっと見ていたら、大野さんは「持っていって!持っていって!」と、

鉢の中の葉っぱからポロンポロンともぎとって、私の手のひらにそっとのせてくれました。

こちらはセイロンベンケイソウ。一枚の葉っぱを水をはったお皿に乗せておくと、葉っぱのまわりから小さな芽が出てくるの。可愛い! 

3つ以上芽が出たら、幸せが訪れる」という植物です。

今はもう大きくなったので、鉢に植えかえてあげました。大きな葉っぱになったら、誰かにプレゼントSeironbenkeisou_0811a Seironbenkeisou_0811b したいと思います。

|

« 法隆寺のクスノキは両性具有 | トップページ | セミナー『幸運を呼ぶ植物との話し方』のお知らせ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126084/25574331

この記事へのトラックバック一覧です: ポロンポロンの小さな芽:

« 法隆寺のクスノキは両性具有 | トップページ | セミナー『幸運を呼ぶ植物との話し方』のお知らせ »